企業顧問
    • 企業顧問
    • 企業顧問

    企業顧問

    50,000.00
    ■座右の銘
    速い反応・鋭い感覚・広い視野(刑事警察スローガン)

    ■略歴
    愛媛松山生まれ。早稲田大学人間科学部スポーツ科学科卒業。
    警視庁警察官拝命後、麻布署刑事課・知能犯捜査係主任刑事として社会的反響の大きい告訴事件を数多く担当。ASD被疑者の出版社に対するインターネット名誉毀損事件を強制捜査、事件送致。6年あまりで警視総監賞4件、刑事部長賞7件、組織犯罪対策部長賞3件受賞。
    人質立てこもり事件説得交渉訓練でアクティブ・リスニング・スキルを学び、退職後、特別支援教育の現場に身を置く。コロナ禍に大手人材企業の顧問として、受電1日最大4,000件、スタッフ最大60人の自治体受託コールセンターでクレーム対応からCS、ESまで指南した。
    リスク対策.com『企業犯罪VS知能犯刑事』連載。著書『元刑事が見た発達障害』、共著『自傷・他害・パニックは防げますか?』など。

    ■著書
    『元刑事が見た発達障害 真剣に共存を考える』榎本澄雄=著(花風社)
    『自傷・他害・パニックは防げますか? 二人称のアプローチで解決しよう!』廣木道心+栗本啓司+榎本澄雄=著(花風社)

    ■連載(リスク対策.com)
    『企業犯罪 VS 知能犯刑事 麻布署6年の研究と発見』
    『元刑事も夢中になる防災訓練のゲーミフィケーション』
    数量
    近日公開
    近日公開
    詳細情報

     大手人材企業の自治体受託プロジェクトにて企業顧問・企業研修しました。

    顧問実績・研修実績は、今すぐこちらから。

    👇

    https://www.kibiinc.co/blog/2020-9-7

     

    <お客さまの声>

    「エネルギー戦争」にすごく共感しました。

    エネルギーの奪い合いを私が笑顔で断ち切ります。

     

    「殺すぞ!」という言葉は脅迫罪に該当することが初めてわかりました。

    「警察に通報します」と言って、電話を切って良いことを知らなかったので、もっと早く知っておきたかった。

    『逆転交渉術』という本、探してみます。

     

    榎本さんの噂は聞いていたが、細かいことに気をつけているので、成果に繋がっていることがわかりました。

    例えば、「クレーム・ケア」とか「カスタマー・サクセス」とか言葉を丁寧に使われているので、テクニック的なことも含めて、クレーム・ケアが出来ているのだとわかりました。

    この後も色々と人と会うので、「あなたは、私」テクニックを使って、人との共通点・類似点を探してみたいと思いました。

     

    「エネルギー戦争」の話が新鮮でした。

    全般的に納得できるお話だったので、榎本さんのファンになりました。

    榎本さんのYouTubeチャンネルを登録してみます。

     

    榎本さんがクレーム対応の電話中、ペンを片手にメモを取って、会話を組み立てながら話していたのが印象的だったので、今回のお話を聞いて、理論と実践が結びつきました。

    私もメモを残して見る、振り返るようにしたいと思いました。

     

    学生時代は心理学を勉強していたので、「エネルギー戦争」がすごく印象に残っています。

    自分も家では愚痴を吐き出してすっきりしていたので、せめて今日はできるだけ愚痴を言わないようにしてみます。

     

    これまでテンションの高い状態でやってきたので、もしかしたら、その分、他の人たちからエネルギーを奪っていたのかもしれないと自身の振る舞いを反省しました。

    プロジェクトを振り返って、私が学んだこと、気づいたこと、自身の変化を今後、どのように営業の仕事に生かすか、タスクを作ろうと思います。

     

    内容、ご予算アレンジできますので、お問い合わせは今すぐこちらから。

    👇

    https://www.kibiinc.co/ask

    すべての投稿
    ×