『刑事と人事の交差点』パワハラ防止とリスクマネジメント読書会
2,000.00 - 100,000.00
■想定する対象者
法務担当・人事担当の皆さま対象〜読書会(2時間程度)


■提供する価値・伝えたい事
上智大学「メディア・対話・レトリック」ゲストスピーカーほか、
講演・研修実績多数の元警視庁刑事が、
「刑事と人事の交差点」をファシリテートいたします。


<この講座のメリット>

人と話すことが楽しいと思える

<受講しないデメリット>

1 積ん読本が解消できない

2 自分の中に眠っているコンテンツに気付けない

3 講師と内容の希少性


詳しいレジュメは下記の詳細を今すぐ、ご覧ください。
Select an option
Quantity
Coming soon
Product Options
営利企業さま(税込)
公益・公教育に関する法人・団体さま(税込)
支援団体さま(税込)
個人の参加者さま〜Read For Action 読書会参加チケット(税込)
Quantity
1
Coming soon
More Details
「読んでつながる 力に変える」
 
一人で読む読書から、寄り集まって本と会話する「行動するための読書会」です。
 
① 手ぶらで来ても大丈夫です。
② テーマに関係なくても、お気に入りの本 or 買ったけど読めていない「積ん読本」がある方はお持ちください。(事前に読んで来る必要はありません。)
 
③ 対話が8割なので、音読・朗読はしません。
 
それぞれが、自分あるいはその場にいるメンバーに共通する「真の課題」に気づいて、行動が変容していくことを目指しています。
 
個人の課題から本、そして参加者の皆さんの「集合知」や「体験知」を活性化させて、「社会の難問」を解決したいと願い、不定期で自主開催しています。
 
読書会の次回開催情報は、今すぐこちらから。
 
■内 容
※ワークショップ、ファシリテーション形式の読書会なので退屈しません。
 
1 期待
読書会開催の動機と背景
本日のテーマ
ファシリテーター紹介
参考図書の紹介~ギャラリーウォーク
『職場のハラスメント なぜ起こり、どう対処すべきか』大和田敢太=著(中公新書)
『ハラスメントの境界線 セクハラ・パワハラに戸惑う男たち』白河桃子=著(中公新書ラクレ)
『上司が萎縮しないパワハラ対策 パワハラ新法への上手な対応』加藤貴之=著(日本法令)
『現場で役立つ!セクハラ・パワハラと言わせない部下指導 グレーゾーンのさばき方』鈴木瑞穂=著(日本経済新聞社)
『パワハラをなくす教科書 「健康経営」を実現する基本と原則』和田隆=著(方丈社)
『パワハラ防止のためのアンガーマネジメント入門 怒り、イライラのコントロールで、職場は変わる!成果が上がる!』小林浩志=著(東洋経済新報社)
『パワハラ管理職 指導できない管理職 人事が直面するトラブル』樋口ユミ=著(第一法規)
『図解でわかる職場のハラスメント対策 いちばん最初に読む本』山田芳子=著(アニモ出版)
 
2 解放
軸を作る~センタリング(オクトパス、緩急、スローモーションビリビリ鬼ごっこ)
緊張をほぐす~アイスブレイク(カタルタ自己紹介)
安心な場を作る~グラウンドルール
 
3 感知
参加者同士の意思共有とゴールの共有~スピーク&リスン
質問1「こんなパワハラはイヤだ!と思うのはどんなもの?」
質問2「あなたの理想のパワハラ防止(パワハラがない組織、社会、人間関係)はどんなもの?」
質問3「今日の読書会の最後に、どんな気持ちで、どんな言葉を口に出し、どんな行動をしていたいですか??(手にしたい答え、本日のゴールは?)」→「協力してもらえますか?」
 
4 反応
全体像をつかむ~プレビュー(どんな本なのか、著者に成り切って説明してみる)
質問4「いま、とても困っていて、解決したい課題、著者に質問したいことは?」(付箋の裏面に)
探索~アラウンドテーブル、おみくじ読書、ワードジャングル
 
5 叡智
探索した内容を共有~スピーク&リスン
探索された内容に質問を投げかけて、<真の課題>を探す~ダイアローグ
 
6 継続
質問5「質問3を振り返って、この読書会であなたが変化したと感じることは何ですか?もし変化がないとしたら、今の身体感覚を五感で表現すると、どんな状態ですか?」内省する
質問6「その変化(状態)を活かすために、あなたは明日から何をしますか?」→「24時間以内にあなたがすぐにできそうな<ベイビーステップ>(ヨチヨチ歩きの第一歩)は何ですか?」→「協力してもらえますか?」行動を宣言する
 
7 達成
活動紹介
ガントレットウォーク
 
 
※内容、ご予算アレンジできますのでご相談ください。
(交通費と遠方の宿泊費は実費請求させていただきます)
 
 
<参加者さまからのお声>
「丁寧でした」
「親切、丁寧でした」
「話しやすい雰囲気で、良かったです」
「読書会も飲み会も楽しかったです!」
「進行がスムーズで、分かりやすいです」
「今日楽しかったです!ありがとうございました」
「準備を含めた会の運営、ナビゲートに感謝です。ありがとうございました」
「無意識のつながり、作用、化学反応を効果的に引き出していただきました」
「『パワハラ防止とリスクマネジメント』というテーマに問題提起から問題を解決するまでのプロセスを大切にしながら参加者の方と学びました。パワハラやリスクマネジメントについて言葉では知っているのですが、改めて学びなおしてみますと概念や法律など、知らないことが沢山あり、これからの社会にとって必要不可欠な知識だと思いました」
「経歴からは想像できない柔らかな物腰のかたでした。リラックスして安心して参加できました。鋭い洞察力をお持ちなのだろうと思いますがそのような鋭さは感じさせず、腰は低すぎるくらい低く(もう少し高くても良いぐらい))、会話も表情も穏やかで感じが良いと思いました。今度はご自分の本職の方のお話しを是非聞きたいと思います。ありがとうございました」
 
※自主開催のRead For Action 読書会の開催情報は、今すぐこちらから。
All Posts
×