• ❓FAQ(よくある6つのご質問)

    よく聞かれるご質問にお答えします。

    質問1 社名"kibi"の由来は?

    答え1

     

    人情の「機微」とか人間の「機微」が由来です。

     

    目にも見えない「姿なき姿」

     

    声にも聞こえない「声なき声」

     

    人の心の微細な動きを「機微情報」として、大事にしています。

     

    それは、捜査の現場から学びました。

     

    社名のkibi(機微)が、私たちのミッションであり、特徴です。

    質問2 なぜ教育や研修の仕事を?

    答え2

     

    実は、警察官もそうですが、教育の仕事も元々「やりたい!」と思って始めてはいないのです…。


    人生の節目に、それぞれの道に呼ばれるようにやって来ました。

     

    警察の仕事も、教育の仕事も「権威」ではなく、「好意」を持って、人と接することが大事だと考えています。

    質問3 どんな研修、講演?

    答え3

     

    ロールプレイングを交えたワークショップ、ファシリテーション形式で、「退屈しない」講座進行を心がけています。

     

    テーマは、下記のようなものがあります。

    👇

    https://www.kibiinc.co/learn-more


     

    『カウンセラーとネゴシエイターの届く言葉』アクティブリスニング教室

    『元刑事が見た発達障害~自傷・他害・パニックは防げますか?』遵法教育講演会

    『おせっかいが光を当てるパワハラと愛着の悩み』パワハラ防止研究所

     

     

    ※内容、ご予算アレンジできますのでご相談ください。

     

    研修・講演のボイスサンプルをお聴きになりたい方は、

    今すぐ、こちらのお問い合わせフォームから。

    👇

    https://www.kibiinc.co/rsvp-now

    質問4 読書会って何をするの?

    答え4

     

    「読んでつながる 力に変える」

     

    一人で読む読書から、寄り集まって本と会話する「行動するための読書会」です。

     

    ① 手ぶらで来ても大丈夫です。


    ② テーマに関係なくても、お気に入りの本 or 買ったけど読めていない「積ん読本」がある方はお持ちください。(事前に読んで来る必要はありません。)
     

    ③ 対話が8割なので、音読・朗読はしません。

     

    それぞれが、自分あるいはその場にいるメンバーに共通する「真の課題」に気づいて、行動が変容していくことを目指しています。

     

    個人の課題から本、そして参加者の皆さんの「集合知」や「体験知」を活性化させて、「社会の難問」を解決したいと願い、不定期で自主開催しています。

     

    読書会の次回開催情報は、今すぐこちらから。

    👇

    https://www.read4action.com/facilitator/detail/?id=364

    質問5 なぜ警察を辞めたの?

    答え5

     

    2005年から2011年

     

    麻布署の刑事時代。

    知能犯捜査係の主任(巡査部長)でした。

     

    当時の麻布署は告訴・告発事件が都内最多件数でした。

     

    麻布・六本木を舞台とした企業犯罪。

    著名人に対する犯罪。

    知能・暴力集団による組織詐欺。

    社会的反響の大きい詐欺・横領・名誉毀損事件を数多く担当しました。

     

    繁華街を管轄し、薬物事件、暴力団事件、不良外国人事件など多かったです。

     

    当時は新婚で、娘が2005年に産まれたばかり。

     

    捜査本部や署の事件に忙しい日々。

    実績はとても挙がっていました。

     

    地面師詐欺の捜査本部。

     

    8時ころ出勤し、暗黙の定時は22時でした。

    新人の私は23時から0時ころまで裏付け捜査をしていました。

     

    終電を逃したときはタクシーで帰るか、そのまま泊まり込みました。

    深夜に被疑者の行動確認やガサに出掛けることも少なくありませんでした。

     

    麻布署で眠れない宿直勤務が終わった翌日。

    午後や夕方からそのまま捜査本部に戻って、深夜まで捜査に励みました。

     

    捜査本部と署の往復。

    丸の内線で座って寝られるのが唯一の楽しみでした。

     

    地面師詐欺事件は、立件されただけで被害総額20億円以上でした。
    警視庁捜査第二課・代々木署・麻布署・池袋署は2008年9月24日付けで警察庁長官賞を受賞しました。

     

    この頃から、家庭を顧みず仕事に打ち込む働き方が身に染み付いていました。

     

    世のため、人のために仕事をしてきた自負はあります。

    自分のため、家族のためはいつも疎かでした。

     

    家庭は崩壊し、離婚、離別しました。

     

    麻布署の先進的な施策が仇となりました。

     

    2011年

     

    35歳で警部補になりました。

    昇任配置先は、品川区の荏原署でした。

     

    異動後、初めての当番日。

    パトカーの係長として麻薬密売人を職質検挙して警視総監賞を受賞しました。

     

    しかし、当時の荏原署は組織的、人材的に「非常に大きな問題」を抱えていました。

     

    「生ける者も、死する場所」

    「人材の墓場」でした。

     

    私は署内人事で、「一時的に」警務課の犯罪抑止対策という防犯・庶務の閑職に就きました。

     

    「刑事課に欠員が出たら、刑事課に入ってもらうから」と言う管理職との約束でした。

     

    実は、署内の権力闘争の道具として、私は生け贄にされていたのです。

     

    刑事課に欠員が出ても、私が刑事課に入ることはありませんでした。

     

    後から荏原署に来た人たちが刑事課に入っていきました。

     

    捜査はできるのに、事件ができない「疎外感」と「無力感」。

     

    「榎本係長は嵌められたんだよ。いくら待っても刑事課には入れない」

     

    あるとき、約束をしたはずのある管理職が裏でそう語っていると耳にしました。

     

    組織に対する私の怒りが頂点に達した瞬間でした。

     

    私は、麻布署で自分の家族を失う犠牲を代償に、捜査に没頭してきました。

     

    「知能犯捜査」という「人材がとても枯渇している分野」の「経験・熱意・適性」がありながら、刑事という仕事を干されることは、私にとって、決して許せないことでした。

     

    とても皮肉なことです。

     

    麻布署で幾多の知能・暴力事件を捜査してきた私が、警察で最後に対峙しなければならなかった「事件」は、「組織の権力闘争」でした。

     

    私は、人事一課・人事二課に対し、再三に渡って、所属長の問題改善を求め続けました。

     

    当時の副署長は、署長の「歯止め役」として、監察から密命を帯びて送り込まれた役割でした。

     

    ですから、署長の署員に対する激しい恫喝などパワハラの情報は警視庁本部に上がっているはずでした。

     

    ところが、副署長は署長の威迫に完全に怯えてしまって、全く機能していませんでした。

     

    さらに、人事一課は、相手が警部以上の管理職であること、所属長であることが理由で、署長に対する処分を全くしませんでした。

     

    すでに、私の上司や部下は、「署長のパワハラ」が原因で「極度の抑うつ状態」になってしまい、医師の診断を受け、「抗うつ剤を服薬」しながら出勤していました。

     

    私は警察という組織にすっかり失望して、警察官でいることがバカバカしくなりました。

     

    同僚を救うために、署長と刺し違える覚悟を持たざるを得ませんでした。

     

    私は人事一課・人事二課に対して辞職する意思を伝えました。

    代わりに署長更迭の要望を明確にしました。


     

    2013年1月31日

     

    約11年勤めた警視庁を辞職しました。

     

    37歳の再出発でした。

     

     

    麻布署、荏原署の捜査と体験を元にできたのがこの講座です。

     

    『パワハラが炙り出すダークサイドの暗号』について、お話しします。

     

    セクハラ、パワハラをする人は、企業犯罪、詐欺や横領もします。

     

    なぜ??

     

    組織の中で、「仕事ができる」人たちだから、ずっと看過されているのです。

     

    「企業犯罪」とは「組織犯罪」、「権力犯罪」と言っても過言ではない。

     

     

    詳しくは、今すぐこちらをご覧ください。

    👇

    『パワハラが炙り出すダークサイドの暗号』パワハラ防止研修

    https://www.kibiinc.co/store/products/268222

     

     

    ※私の詳しい経歴をご覧になりたい方は、今すぐこちらから。

    👇

    https://www.kibiinc.co/insight

    質問6 なぜ発達障害の仕事を?

    答え6

     

    2009年から2011年

     

    麻布署の刑事だった時のこと。

    アスペルガー障害の成人男性(被疑者)による名誉毀損事件を捜査しました。

     

    被害者は、発達障害の出版社でした。

     

    告訴相談の受理から裏付け捜査、強制捜査、事件送致。

    ほとんどの捜査を私一人で担当した事件でした。

     

    事件を受理した当時、発達障害のことはほとんど知りませんでした。

     

    専門家への事情聴取、専門書の読み込み、裏付け捜査、被疑者や参考人の取り調べなどを通じて、徐々に専門的な知識や体験が蓄積されてきました。

     

    2013年1月

     

    先ほどお話しした経緯で警察を辞職しました。

     

    縁あって、教育に関する仕事、主に塾や予備校の講師を始めました。

     

    2017年3月

     

    練馬区内の小学校から電話をいただき、特別支援学級の支援員を半年間やらせていただくことになりました。

     

    横浜市にある発達支援事業所でも1年ほど非常勤の職員をやらせていただきました。

     

    2017年7月

     

    麻布署で発達障害の事件を担当したこと、予備校の生徒さんが上智大学に進学したことが偶然、重なり合いました。

     

    そして、上智大学で1コマだけゲストスピーカーを務めさせていただきました。

     

    「メディア・対話・レトリック」という授業で、私以外は各界の著名人がゲストをされています。

     

    当時の私は講師として徐々に研修や講演の仕事を増やそうとしていました。

     

    そのため書籍の出版を視野に入れていました。

     

    そこで都内の出版社さんへ無作為にFAXでDMを出しました。

     

    ラッキーなことに、800通くらい出したうち、2社さんからすぐにレスポンスをいただきました。

     

    そのうち1社が、名誉毀損事件の被害者だった出版社さんだったのです。

     

    2018年1月

     

    以上の経緯で、この本が出版されました。

    👇

    『元刑事が見た発達障害 真剣に共存を考える』榎本澄雄=著(花風社/2018年1月31日)

    http://amzn.asia/d/3zPm1kB

     

     

    今の私は発達障害をメインの仕事、領域にはしていないのですが、事件や教育など人との関わりを通じて、非常に貴重な経験をさせていただきました。

     

    この体験が私のキャリアに多大な影響を与えてくれました。

     

    すべての皆さまに深く、感謝しています。

  • 📮RSVP Now!(お問い合わせ)

    🚨🕵️‍♂️速い反応・鋭い感覚・広い視野🚓💨

     

    研修・講演のボイスサンプルをお聴きになりたい方は、

    今すぐ、こちらのお問い合わせフォームから。

    👇

All Posts
×